「自分がされてうれしい事は、人にもするべき」と、ライブチャットに出演していた女の子が言っていた。単純だけど真理だなーと思う。反面教師と言う言葉があるけれど、案外とそれは言葉だけ。10年前に嫌な目に遭った上司と同じ年齢になり、気づけばその上司と同じことを部下にしている自分に嫌気がさすことがある。結局は、周囲の人間はいい意味でも悪い意味でも教師なのだ。自分がよく思おうが悪く思うが、それは全て経験として自分に刷り込まれていき、その結果、アウトプットされるものは、周りの人間のコピーになってしまうものだ。だから、いかに若い頃に尊敬できる人物と出会えるかが人生の価値を決めると言っていい。
「だから私はライブオナニーするんだ」と、その子は続けた。話を聞くと、かつて付き合っていた男性のオナニーを見ることが楽しみだったらしい。普段、人に見せないような行為を他人に見せることによって「この人は私に隠し事がない」と信頼感が生まれて、それ以来、オナニー鑑賞が大好きになったそうだ。男女の違いはあれど、自分もオナニーを見せよう!とライブチャットを始めたという流れだ。そのカレシだった男が彼女にオナニーを見せていなければ、彼女がライブオナニーを披露することはなかっただろう。だから巡り巡ってそのカレシに、彼女のライブオナニーを堪能している僕は感謝しなければならない。
セフレの作り方を覚えた90キロのデブ男に2人のセフレ
彼女のライブオナニーを見ながら僕もいろいろと考えた。かつての上司はうるさく言うだけで自分の懐は全く見せなかった。それが当時の不信感につながっていたのだと思う。信頼感さえあれば、厳しい指導にも納得ができたはずなのだ。そして、今の僕もきっと同じだ。自分がされてうれしいことを人に返していない自分がいる。僕がそんな姿勢を持つチャットレディの彼女と出会えたことは幸運なことだ。
そして、僕は部下たちの信頼を得るためにオナニーを見せよう!と、スマホからライブ配信しようと真剣に考えたが、3秒ほど考えてやめた。当たり前だ!
無修正ライブチャット
エロチャット
友達に教える
新規HP HP編集
無料ホームページ
mKeitai

出会い系
AX